食べ放題のレストラン

テキサスには食べ放題のレストランが多い。これが、個人の自由を尊重しているというか、豪快で大雑把というか、とてもアメリカらしい。日本でいう「バイキング」だが、アメリカでは「バフェ(Buffet)」という。大学の学食は食べ放題だったし、中華レストランはどれに行ってもバフェ方式になっている。あらゆる肉に野菜料理、ピザやスパゲッティにスープ、そして砂糖たっぷりのデザートまでそろっているアメリカの食べ放題レストランもある。このようなレストランではいろんな食事が取れるが、あまり美味しいものばかりではない。それでも人気が高いのは、みんな「質より量」を求めるためだろうか。これは「食べ放題」である一方、「太り放題」とも言える。それにしても僕ら体の小さな日本人にとっては、ちょっと不公平に感じる。昨晩も中華のバフェに行ったが、いつものように1皿でお腹はいっぱい。ところが、となりのテーブルに座っていた夫婦はそろって、4皿も5皿も食べ続けていたのだ。その方々の体重に関しては、表現しないでおこう。

思えば、ニューヨークにはこのような食べ放題のレストランはあまりなかったなぁ。中華もバフェではなかったし。だからあまり太った人がいなかっただろう。

Buffet
うちの猫も食べ放題

[2003年6月29日]

渡辺清人・知江美のホームページへ