テキサス訛り

この広いアメリカ、当然の事ながら英語にも方言や訛りがあるんだな。ここテキサス人の話す英語はカリフォルニアやニューヨークの人のとはちょいと違う。南部独特の方言や言い回しもあるんだけど、その前に全体の発音がかなり違うんだよ。ちょっと間延びしたような、ひとつの単語に母音をいくつも余分に入れてしまう。そして平べったい感じでゆっくりと喋るんだよ。単に「ハロー」というところを「ヒ〜ェィロゥ〜」というようにね。ニューヨークからテキサスに来たばかりの時はこの人はいったい何を言ってんだ?とよく思ったな。みんなも「この東洋人、何を喋ってるんだ?」と思っていたに違いないけどね。

テキサスに来てもう五年になるけど、今でもそのテキサス訛りが気になって、教会の合唱のリハーサルの時には「その単語、もっと口を開けて縦に発音しようよ」などとエラソーに指摘したりする。ガイジンのくせにね。みんなは「そうそう、テキサス訛りだったわ」と大笑いで発音を直そうとしてくれる。これがなかなか直らないんだけどね。

この夏アメリカのオルガニストのコンベンションがあって、フィラデルフィアに行ってきた。一緒に学んだなつかしい友人や先生にも会えてとても楽しかった六日間だったが、ある時、「あれ〜テキサスの訛りの英語になったね〜」と言われてしまった。ゲー!

Fat Cat
テキサス人は喋りも体も平たい!

[2002年10月6日]

渡辺清人・知江美のホームページへ