アーカンソー州リトルロック〜イマニュエル・バプティスト教会

約1週間前の2月7日に僕の教会で葬式があり、亡くなった人の友人としてクリントン元大統領がやって来た。直接会う事ができたので「貴方がメンバーのイマニュエル・バプティスト教会で18日に演奏会するんです」と言ったら驚いていた。たまたまなんだけど、この教会はクリントン元大統領の教会なんだ。大統領になる前までは、教会のクワイヤー(合唱隊)で歌っていたそうだ。

さて、この教会だが、建物がとても大きく、万全のジム施設や、バスケットやラケットボールのコートがあり、巨大な駐車場を備えた上に、室内のあらゆる設備が素晴らしく、教会というより近代的なカルチャー・センターのようだった。元々はリトルロック市のダウンタウンにあった教会だが、治安の悪化により、ほんの数年前に郊外に引っ越ししたのだ。しかも何もない丘の上に建ててあるので、遠くからそびえ立つ立派な教会が見えるのがとても格好良い。

パイプオルガンは Crystal Cathedral で有名なイタリアの Ruffatti 社製。2003年に設置されたばかりの新品。ちゃんとパイプは数ランクあるけど、実はオルガンのほとんどは電気オルガンなのだ。これには最初だまされた。あまりにも音色がきれいで、調律がピッタリなんだもん。礼拝堂もモダンで、2000人以上が入れる巨大なスペースがある。教会の音楽監督はハンサムな若造エリック。たまにクリントン元大統領が礼拝に来ると、すごい人だかりになって、いまだにグレゴリーはちゃんと会えた事ないそうだ。

リトルロック市には2004年に開設した「クリントン・ライブラリー(正式には William J. Clinton Presidential Library)」がある。アメリカにはこのように元大統領を讃えて建てられ、彼らの歴史的な功績などを見学できる博物館がいくつもあるのだ。クリントン元大統領の短い映画を見て「すごい人なんだな」と感動。彼はサックスを演奏するので有名だけど、博物館には日本の渡辺貞夫から贈られたというサックスも展示されてあった。

演奏会のプログラムはこちら >>

[2007年2月18日]

渡辺清人・知江美のホームページへ